特集SPECIAL

あくねボンタンレース ボンタン路を駆け抜ける阿久根市の冬の風物詩

黄色く実ったボンタンに彩られた阿久根路を、全国各地から集まったランナーが駆け抜ける「あくねボンタンロードレース大会」。同大会には、北は埼玉県から南は鹿児島県枕崎市、6歳から91歳まで、2,000名を超える参加者が集まります。沿道の声援を背に受けるコースは、豊かな自然にあふれ、旬のボンタンのさわやかな香りが広がります。冬の到来を告げる阿久根市の一大イベントです。

地域に密着した32年の歴史にフォーカス

あくねボンタンロードレース

昭和59年の第1回大会開催以来、30年以上にわたる長い歴史を誇る「あくねボンタンロードレース」。近年の健康ブームに先駆けて、参加者の健康と体力の維持増進を目的として始まりました。第1回から第5回大会までは3km、5km、10kmの3コースで実施。第6回大会からハーフマラソンが始まり、第10回から3年間にわたりフルマラソンに変更されたものの、コースの見直しがあり、第13回大会からは3km、5km、10km、ハーフマラソンの4コースで継続されています。

ハーフマラソンの大会記録は、1時間05分41秒。最多参加者数は、第8回大会の3,819人です。また、ボンタンの香りとともに、旬の味覚を満喫できるのもこの大会の特徴のひとつ。場内では「特産品フェア」も同時開催され、食のまち阿久根の魅力もアピールしています。

特産品フェア

4コース・45種目から選べるロードレース

賞状を授与

ロードレースの参加資格は、小学生以上の男女。健康で体力に自信のある人なら誰でも参加できます。記録に挑戦する人から、家族や仲間同士の交流を深めながら走りたいという人まで、ランナーの目的は十人十色。一人ひとりが自分の体力や目的に合わせたコースを選び、自分のペースでレースを楽しむことができます。

レースは、男女別・年齢別で競い、各種目の1位から3位にはメダルと賞状を授与。参加者全員に記録証とボンタン証が贈呈されるほか、最高齢の参加者には長寿賞、最も遠方からの参加者には遠来賞が贈られます。

自分のペースでレースを楽しむことができます

4コース・45種目から選べるロードレース

阿久根路を駆け抜け、ゴールインを果たしたランナーには、うれしいご褒美の数々が待っています。着順ごとに行われるのが、空くじなしの抽選会。ボンタンをはじめとした地元の農産物や焼酎などの特産品が当たります。また、冬の雨で冷えた体を温めてくれるのが、出来立てのきびなご汁。焼き立てのイワシの干物やふかしたサツマイモ、漬物なども振る舞われます。阿久根市の旬の味覚に舌鼓を打ちながら、家族や仲間たちと語らいのひとときを過ごしたランナーたち。寒さをものともしない明るい笑顔は、充実感と達成感にあふれています。

出来立てのきびなご汁
焼き立てのイワシの干物やふかしたサツマイモ、漬物など

4コース・45種目から選べるロードレース

会場で最も人目を引くのが、約3メートルの高さにそびえるボンタンピラミッド。生産量日本一を誇る阿久根市特産のボンタンを約1,000個も積み上げています。大会のモニュメントとして、地元ではすっかりおなじみ。もちろん撮影スポットとしても大人気です。 レースを終えたランナーたちが次々と訪れ、ポーズをとるのが恒例。 閉会式を終えると、約1,000個のボンタンは希望者に配られます。こうしてあっという間に姿を消すボンタンピラミッド。

市内屈指の名産地でボンタン狩り体験

尾崎いきいき祭り 尾崎公民館周辺特設会場

阿久根市の山あいにある尾崎地区は、ボンタンの名産地。約8,000本のボンタンの木があり、年間生産量は約5万個を誇っています。 そんなボンタンの里・尾崎地区では毎年ロードレースの開催日に合わせて、「尾崎いきいき祭り」を行っています。集落を上げた催しのメインイベントは、たわわに実ったボンタン狩り体験。収穫期を迎えたばかりの旬の味覚を目当てに、県外からも多くの方が訪れます。農園に入ると、さわやかな香りが一面に広がります。

また、ハーフマラソンのコース沿いに設けた特設会場では、地元農産物の販売や手作りのおにぎりなどのふるまいも実施。参加者と住民が一体となって、力走するランナーに温かな声援が響きます。

  • 尾崎いきいき祭り01
  • 尾崎いきいき祭り02
  • 尾崎いきいき祭り03
  • 尾崎いきいき祭り041
  • 尾崎いきいき祭り05
  • 尾崎いきいき祭り06
あくねボンタンレース大会コース図
スケジュール
種目 スタート時間 制限時間
3km(小学生男子) 午前9時15分 30分
3km(小学生女子・ファミリー) 午前9時45分 30分
ハーフマラソン 午前10時15分 3時間00分
3km(中学生以上) 午前10時30分 30分
10km 午前11時00分 3時間00分
5km 午前11時10分 30分

4コース・45種目から選べるロードレース

賞状を授与

阿久根市総合運動公園陸上競技場がレースの発着点。ハーフマラソンは、海抜39mのスタート地点から4km走ると最下点の海抜15mに達し、そこから最高点海抜57mの折り返し地点へと到達する、アップダウンの多いコースです。沿道にはのどかな田園風景が広がり、黄色く色づいたボンタンが甘酸っぱい香りを運んできます。胸いっぱいに吸い込むのは、緑に育まれた清涼な空気。
地元の温かい声援を背に受けながら、自分のペースで走れます。

自分のペースでレースを楽しむことができます
阿久根市役所商工観光課
〒899-1696
鹿児島県阿久根市鶴見町200番地
電話(直通):0996-73-1114
E-mail:info@city.akune.kagoshima.jp
阿久根市観光連盟「阿久根まちの駅」
〒899-1614
鹿児島県阿久根市晴海町3番地
電話(直通):0996-72-3646
E-mail:akune.kankourenmei@po5.synapse.ne.jp